my own datebase

だらだらと色々書いていこうと。ブログです

自分への疑問

前の記事で、自分の共感性の高さを書いたのですが、書き終わった後にふと疑問を感じました。

それは、大まかに2つあります。

①自分が共感と書いたものが本当に、真の意味で共感と呼べるか?という疑問。
②自分の共感が相手に背負うべき痛みや心の葛藤を奪っているのではないか?という疑問。


具体的に。
①に対しては、ただ自分が相手に感情移入して、上から目線の同情をしているだけ、ただそれだけ。それは自分が相手に優越感を得ているだけかもしれない。
②相手に共感すし、相対することによって、相手は少し楽になるかもしれない。しかし、自分が共感したことが、相手にとって乗り越えることで成長するかもしれない、痛みや葛藤だったら、相手の成長を阻害するのではないか。

この様に2つの疑問が出てきました。これに対しての解決はしばらくかかりそうです。

ゆっくりやっていこうかと考えています。

話は変わりますが、文を書いていくと最後のほうが、いい加減になる。-思考の出発点を飛び出し、文章というグライダーで飛んでいるが、着地するとなると途端にグライダーが制御できなくなり、不時着する-
この問題もどうにかしたいです。

広告を非表示にする